コスト増で利益増

リスク回避のシステム

車両管理の必要性はなんなのか

車両管理とはどんなものなのでしょうか。一言に車両管理といっても、一体どういうものなのかということは分からないと思います。そのため、車両管理とはどういうものなのか簡単に知っておく必要があります。これは、車を持っている人であればなおさら必要です。 たとえば事故を起こした時などに決定的にあなたが事故を起こしたと認められればたとえ軽い損害を出したとしても比較的高い罰金を支払わなくてはなりません。車両管理をしていない人のリスクは罰金を支払うだけではありません。 罰金のほかにも車両の使用を禁止されたり、もっと酷ければ会社に大きな損害を与えてしまった場合は会社から辞令を命じられたりすることもあります。 車両管理の必要性を簡潔に説明しましたが、会社側に大きなリスクを与えないようにするために今後しっかりと必要性を見極める必要があります。

内容とはどんなものか

車両管理の内容は具体的にどんなものなのでしょうか。車両管理をしておく必要性があるといわれても、それが一体どんなものなのかを知らなければ不安であると思います。 まず、運転の際の技能などを備えているかの証明をするために運転者台帳に社内運転許可制度というものを記載します。これを記載することによって社内での運転が認められていることと運転の際の技能(安全運転ができるかどうか)を証明できます。 次に運行計画を作成し運転要員(交替時)を配置します。適切に交替要員を配置することで過労運転をしないようにすることができます。 最後に運転日誌を付けてその日に運転した記録を取ります。これはとても大切です。 異常気象や悪天候に見舞われたときなどは運転を中止したりします。また、安全運転の知識向上のために安全運転講習などがあります。