コスト増で利益増

簡単に導入できる

TV会議システムを利用することで、社内ネットワークが繋がる環境であればどんな企業でも遠隔地から会議に出席することができる。電源とLAN環境のみがあれば手軽に行えるため,導入する企業は数多くあるのだ。

詳細を確認する

リスク回避のシステム

車両管理とは、会社に務める社員が営業のために利用する車の移動スピードや道順をGPS等で把握し、適切に車を動かしているかをチェックするシステムです。このシステム導入により、会社の車が事故を起こすリスクを減らせます。

詳細を確認する

負担軽減ができる

レセコンは、病院などで患者が受けた診療行為について、保険などを利用する上で必要となる明細書です。医療機関が支払い請求を簡便に行えるコンピューターであるため、導入することで病院側の負担を減らせます。

詳細を確認する

コンテンツ

診察報酬請求ができる

図面作成の作業を効率化することが出来る水道図面CADがこちらですよ。圧倒的な使いやすさを誇るシステムを試してみませんか?

オープンなシステム構成が柔軟な拡張性をもたらしてくれるIoTを導入しませんか?ネットワークをより活用できますよ。

診療報酬請求事務の効率化を実現

カルテと並んで医療の現場において欠かせない文書といえば、レセプトがあります。 レセプトは診療報酬明細書ともいい、診察の内容や投薬の種類等を記録し、医療保険の保険者に診療報酬を請求する際の根拠となる書類です。 ただ、書類とはいっても現在では電子化が進行しており、厚生労働省はすべての診療報酬を電子請求システムに移行させることを目標にしています。 もちろん医療機関にとっても、電子化は業務の省力化に大きなメリットをもたらします。そのため、電子請求システムの導入が急ピッチで進んでいるのが現状です。 このシステムの中心となるのが、レセプトコンピュータ通称レセコンです。レセコンの導入は、診療報酬の請求のみならず会計業務などとも連動させることで院内事務全体の効率化を実現することを可能にします。

多彩なチェック機能で誤入力を防止

ごく初期のレセコンは、一種のワープロといってもいいほどの単純な機能しか備えていませんでした。つまりレセプトを「清書」し、プリントアウトして支払機関に送付するというのが主たる用途でした。 しかし現在では大幅に機能が進化し、扱いやすいものになっています。最も特徴的なのはチェック機能です。膨大な診療関連情報と患者の個人情報とを突合し、病名と治療内容との矛盾はないか、投薬の回数に誤りはないかといったことをチェックして入力者に知らせてくれます。また、不正確な病名や通称名を入力しても正式な病名に自動変換してくれるような機能もあり、直感的な操作にも応えられるようになっています。さらに会計システムと連動させることで、患者負担分の精算事務も合理化できるようになります。 本格的なレセコンシステムの導入には百万円単位の費用がかかりますが、汎用パソコンにソフトをインストールするだけの安価な簡易システムもあります。

どこに居ても高画質なTV会議を利用する事が出来、セキュリティ対策も万全なのでオススメです。PCだけでなくモバイルでも利用できるので便利ですよ。

ビジネスを発展させていくためにはシステム開発が重要です。こちらで企業の支援を行なっているので一度相談してみてはいかがですか?